平塚花火大会2023は全席有料って本当?屋台や穴場スポット、駐車場や交通規制についてまとめ

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
おでかけ
スポンサーリンク

こんにちは。湘南エリア在住の3児の母りっぺです。

今日は2023年7月の湘南ひらつか花火大会についてお届けします。

・今年の平塚の花火大会の日時が知りたい

・どこから上がるのか(会場)が知りたい

・屋台は出るのか

・有料席の場所はどこ?

・花火が見える穴場スポットを知りたい

・近隣の駐車場の場所や交通規制について知りたい

こんな方はこの記事をぜひ最後まで読んでください!

スポンサーリンク

第71回湘南ひらつか花火大会 概要

日にち:2023年8月25日(金)
※荒天の場合は8月27日(日)
時間:19時〜20時
会場:相模川河口

平塚市公式サイトより

駐車場:無料の臨時駐車場あり
(当日は交通規制などにより周辺道路の混雑が考えられますので公共交通機関の利用をお勧めします)

湘南ひらつか花火大会2023近隣の駐車場や交通規制について

会場周辺の道路は当日17時半から21時の時間帯で交通規制が敷かれます。

※国道129号、国道134号は利用できるそうなので活用してください。

また、駐車場は平塚競輪場の東側にある河川敷が開放され、そちらが臨時駐車場となります。

近隣にもコインパーキングはいくつかありますが、当日はあっという間に満車になってしまうことが予測されます。

湘南ひらつか花火大会2023駐車場は事前予約がオススメ

近隣に駐車したい、しかし臨時駐車場に確実に停められるとも限らない・・・

やっぱり駐車場難民は避けたいですよね。

そんなときは!

事前に駐車場を予約できるサイトをぜひご活用ください!
空きスペースを有効活用したシステムなので他の駐車場に比べて比較的低価格で利用できるのが特徴です。

\駐車場難民を避けたければこちら!/

平塚駅の南口(花火大会会場側)の駐車場は14日前から予約できるところがいくつもありました!(7月28日現在)
※交通規制の時間や場所等にご注意の上予約してください!

湘南ひらつか花火大会2023会場の観覧席は今年は有料席のみ

例年、会場には有料の観覧席の他にも無料の観覧スペースが用意されていましたが、今年は事前チケット制の有料席のみとなりました。

平塚市公式サイトより

個人が購入できる有料席はA〜E席があり、各席によってイスが予め用意されていたり、レジャーシートなどを持ち込んで芝生の上に座る席だったり、グループで利用できる席だったりとさまざまな特徴があります。

A席(エリア自由席)
価格:6,000円

B席(グループ席)・・・4名まで
価格:16,000円

C席(シート席)
価格:3,500円
会場の受付で渡される専用のレジャーシート(60cm×90cm)利用して着席

D席(イス席)
価格:3,500円

E席(グループ席)・・・8名まで
価格:16,000円

ABE席はレジャーシート、高さ・座面30cm以内の物を持ち込むことができます。

こちらのタイプの低いスツールは高さ・幅ともに30cm未満です

湘南ひらつか花火大会チケットの購入はこちらから

チケットはチケットぴあから購入できます。
※7月27日時点でE席のみ△残りわずか

湘南ひらつか花火大会2023の穴場スポット

先述したように今年は会場内は全席有料席ということで、昨年までの情報をもとに会場以外の花火が綺麗に見える穴場スポットをいくつか紹介させてただきます。

湘南平(高麗山公園)

会場からは少し距離のあるこの湘南平は、湘南の夜景を一望できるスポットとしても有名ですが、花火が綺麗に見えるスポットでもあるんです。

平塚駅からタクシーに乗っても15分ほど。駐車場もあるのでぜひ検討してみてください。

湘南ベルマーレひらつかビーチパーク

会場からすぐ近くの海岸公園ですが、とても広いので混雑は多少は緩和されることが予想されます。

平塚駅南口からなぎさプロムナードを真っ直ぐ15分ほど海岸方面に進むと到着するので土地勘のない方でも迷わず行くことができます。

柳島しおさい公園

会場からは相模川を挟んで対岸の茅ヶ崎側にあるこちらの公園は、打ち上げ場所からとても近く遮るものもないので迫力ある花火を見ることができます。

また、しおさい公園から花火を見ると、遠くの富士山も併せて贅沢な画がみられるかもしれませんよ。

サザンビーチ茅ヶ崎海水浴場

湘南ひらつか花火大会の言わずと知れた穴場スポット。

大変広い砂浜なので例年大混雑ということはないようです。

こちらも柳島しおさい公園と同じく花火+富士山の絶景が見られる人気のポイントです。

湘南海岸公園

会場の近くにある公園です。迫力や臨場感も味わいつつも比較的ゆっくり鑑賞できる穴場です。

ちょっとした遊具もあるので、花火が上がるまでの待ち時間もお子さまは退屈しないかと思います。

江ノ島西浦漁港

会場からは離れているので混雑を避けながら、花火を楽しむことができます。

迫力には欠けますが視界を遮るものがないので綺麗に見えます。

ただし、ここに向かうまでに階段があったり足場が悪かったりするので小さなお子さま連れの方やベビーカーをお持ちの方にはお勧めしません。

湘南ひらつか花火大会2023屋台は出るのか

平塚市役所商業観光課に問い合わせをしてみたところ、現段階(7月27日現在)では、「飲食を伴う出店は会場内(有料観覧席)のみ」とのことで、今後変更の可能性もあるが、エリア外の公道に出店が出る可能性は低いとのお言葉をいただきました。

昨年まではたくさんの屋台が出ていたとのことでちょっと寂しいですね。

今後の変更に期待しつつ、情報が変わりましたらこちらに追記していきます!

まとめ

湘南ひらつか花火大会2023について今日は紹介させていただきました。

・今年は会場内は事前チケット制の全席有料席

・臨時駐車場はあるが台数に限りあり

・当日は交通規制が敷かれる

・花火が見える穴場スポット6選

・現段階では屋台は会場内のみ

今後も情報に変更がありましたらどんどん追記していきます。

湘南ひらつか花火大会当日まで残り約1ヶ月。

情報収集含めて準備期間を楽しみましょう!

ではまた。

rippe

大学・大学院生時代は発達心理学、非行心理学、児童精神分析を専攻し、必死に研究していました。
しかし、3児の母となった今毎日はてんてこまい!日々奮闘しています。
そんな私のブログが同じように毎日子育てに奮闘するママたちの息抜きや励みに少しでもなれれば良いなあと思って執筆していきます。

rippeをフォローする
\ランキング参加中/
応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村
おでかけ
スポンサーリンク
シェアする
rippeをフォローする
りっぺの子育て奮闘記

コメント

タイトルとURLをコピーしました