【パン修行1日目】基本のちぎりパン

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ミルクちぎりパン 料理
スポンサーリンク

こんばんは!

7歳、5歳、0歳の母をしているりっぺです。

無趣味なわたしですが、InstagramやTikTokで流れてくる動画に影響されて、ついに手を出してしまいました!
それは・・・

りっぺ
りっぺ

パン作り!!

以前ママ友が、
「何かに行き詰まると、男は蕎麦を打ち、女はパンを捏ねるらしいよ」
と言っていました。

蕎麦職人

わたしも無自覚だけど、何かに行き詰まってるいるのかしら・・・(笑)

踏み込んだとはいえ、パンの世界は奥が深く、想像以上に険しい道のりであることは以前何度も失敗して心が折れた母から聞いていたので、初心者で不器用なわたしでも、モチベーションを保ち続けられるような優しい(易しい)動画を探しました!

そして出会ったのがうりぼーちゃんねるさんの動画です。

初心者なわたしは、まずは『3分こねるだけシリーズ』から挑戦しようと決め動画をあれこれ見させていただいて、記念すべきパン修行1日目の課題をこちらにしました。

材料は以下の通りです。

ー予備発酵ー
・40度ほどのぬるま湯…76g
・インスタントドライイースト…3g
・砂糖…1g
ー生地ー
・強力粉…250g
・塩…3.5g
・砂糖…20g
・練乳…40g
・人肌ほどに温めた牛乳…100g
・無塩バター…20g

動画を見ながら、さっそく見よう見まねで作ってみました。

当然ですが、動画の中の環境(室温等)と同じではないので発酵具合や生地の状態が動画の中とはどうも違う気がしたりして、少々の試行錯誤を。

具体的には、発酵時間を少しばかり長めに取ってみたりしました。
しかしあまりに時間を長くしてしまったり発酵温度をあげてしまうと、『過発酵』と言ってパン生地が緩んでしまって膨らまなくなってしまったりシワシワになってしまったりするそうです。

なので温度はあくまでも35℃で、時間も少し延ばすだけに留めてみて、なんとか成形まで辿り着くことができました。

ちぎりパン焼く前
焼く前のちぎりパン様

初めてにしてはいい感じでは・・・?
しかしまだまだわからない。この後オーブンに入れて次に会ったときには変わり果てた姿になっていたりするかもしれない・・・

オーブンに入れて待つこと20分弱・・・

完成
こんがり美味しそうに焼けたちぎりパン様

ちぎってみてもきめ細やかでふわっふわでした。

きめ細やか
横顔もべっぴんさん

味ももちろんばっちり。練乳の効果なのか、とても優しい甘さで飽きのこない美味しさ。

子どもたちにも夫にも大変好評で、わたしのパン修行1日目は『成功』で終えることができましたー!

本当に簡単で、こんなわたしでも美味しくできたので、一瞬でうりぼーちゃんねるさん信者になっちゃいました(笑)

(後から感じたことですが、一次発酵後に膨らみがイマイチに感じたのは、予備発酵の際のぬるま湯の温度がちょっと低かったのが原因かも知れません。温度計でちゃんと計ればよかった・・・)

今見てみたら、チョコちぎりパンの動画も見つけちゃいました♪

こりゃ兄さん姉さんが喜びそうだ!

パン修行2日目はどんなパンにしようかなあと思いを巡らせながら今日は締めたいと思います!

ではまた!

rippe

大学・大学院生時代は発達心理学、非行心理学、児童精神分析を専攻し、必死に研究していました。
しかし、3児の母となった今毎日はてんてこまい!日々奮闘しています。
そんな私のブログが同じように毎日子育てに奮闘するママたちの息抜きや励みに少しでもなれれば良いなあと思って執筆していきます。

rippeをフォローする
\ランキング参加中/
応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村
料理
スポンサーリンク
シェアする
rippeをフォローする
りっぺの子育て奮闘記

コメント

タイトルとURLをコピーしました